PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon11.gif

2011年8月21日到着分までの「ACO」応募作品を御紹介

 音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 11」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2012年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 11」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

 今回のMoveOnブログは2011年8月21日到着分までの「ACO」系応募作品を御紹介します。
MFC.jpg
MFC「Rhapsody」
http://www.youtube.com/watch?v=-KH-ybkBAUk

 新潟県新発田市を拠点に活動する4人組が初のエントリー。動画は長野県那須市の「麺処 旋風堂」にて行われたライブ映像。高橋政夫(g)が作詞作曲を手掛けた本曲は、3.11以降で“変わったもの”に思いを馳せて制作された楽曲。かと言って在り来たりにしんみりとしたバラードで紡ぐのではなく、アコギのカッティングとアルペが情熱的な曲調となっているのが新鮮。歌詞に関しても漫然と聴いていればラブソング的な作りになっている。
luxmi.jpg
luxmi「le monde」
http://www.myspace.com/luxmihouse

 大阪出身、昨年より東京にて活動を開始したSSWがluxmi。エントリー曲「le mode」はライブ会場のみで限定発売されている1stデモからオープニングを飾るナンバー。22歳のときに初めて作った曲とのことだが、この独自性を聴けば驚愕は必至。ピアノとストリングスで紡がれる音は無国籍かつ無時代な質感。可愛らしいピアノポップとは縁遠いメロディーだ。他にアップされている楽曲群も聴き手に訴えかける力、求心力が激高。

 プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの方よろしく! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。