PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon11.gif

2011年9月4日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介

 音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 11」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2012年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 11」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

 2011年9月4日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介します。
excen.jpg
ExceNtRip「フェイス×フェイス」
http://soundcloud.com/excentrip/face

 本コーナー始まって以来、初のSoundCloudにアップしてのエントリー。HPのデザインや機能性も含めて最先端を行く3人だが、音もその例に漏れない。ドラムレスの為、大々的にフィーチャーされた電子音と歪み成分の多いギターが合わさることで、エレクトロとロックの狭間を縫う唯一無比のサウンド。チヅルの歌い口も機械的ではなく熱い血の通ったものとなっており、ライブが観たくなること必至。期間限定フルVer、急いで聴くべし!
savin.jpg
Savin’ Grace「Remember」
http://cheap.web.infoseek.co.jp/track/track.htm

 いつもとは少し毛色の異なる楽曲を届けてくれた4人組、セイヴィン・グレース。イントロのブルージーなフレーズは十八番と言ったところだが、Aメロの歌メロや追っかけコーラスはグッと昭和歌謡に近付いたものとなった。同アルバム収録曲「クリスティーナ」のようなパーティーチューンから今回のようにキャリアから溢れる渋味もまた魅力。もちろんsammy(g)の泣きのギターは水を得た魚のように炸裂している。
mischivous.jpg
Mischivous Coward「青の証明」
http://www.youtube.com/watch?v=lBCdq8cl76g&feature=channel_video_title

 今年からハマナカ(vo,g)、ヤブ(b)、ユージロー(ds)からなる3ピースとなった若手バンド(ヤブの前パートはギター。現在ベーシスト募集とのこと)。エントリーされたのは「青の証明」のライブ動画。“3人編成になってから作った曲なのかな?”と思わせるほどに物足りなさは皆無だ。中盤以降、一気に歪みを強め、絶唱に転換する様は鳥肌さえ立ってしまう。10月27日(木)は動画と同じく渋谷屋根裏に出演。お近くの方は是非。
skillfon.jpg
SkillFon「閃光」
http://www.audioleaf.com/skillfon

 2009年から現編成として活動をスタートしたスキルフォン。今年6月に完成したばかりの1stミニアルバム『Chronograph』から「閃光」でエントリー。イントロや至るところに4人のあらゆる音楽への雑食性が窺えるものの、それらをすべて独自昇華している点が素晴らしい。クールな音像とエモーショナルな歌も程よい塩梅。09年末に一度ご紹介しているのだが、個性はそのままにバンドとしての地肩は相当鍛えられている。
heat.jpg
THE HEAT「アイムソーリー」
http://www.the-heat.net/ongen/04ImSorry.mp3

音、歌詞、ルックス…その他すべてがまさにR&R! ストーンズに憧れた結成30年越えは伊達じゃない。エントリー曲「アイムソーリー」は歯切れの良いギターとご機嫌な言葉で展開する痛快な1曲。LとRに振り分けたエッジィなツインギターは各々の個性が際立っており、中盤のテンポチェンジで聴かせるブルージーなギターソロはベテランで無ければ出せない色気! 並の若手バンドより精力的に展開しているライブ活動も素敵だ。
rotator.jpg
Rotator Cuff(ローテーター カフ)「彼女の気持ち(ラフミックス)」
http://jp.myspace.com/rotatorcuffweb

 Lucky13のギタリスト柏崎栄次郎プロジェクト、 ローテーター カフ。ソロプロジェクトとしてのレコーディングに続き今回はバンド編成によるレコーディング! 積み重ねた想いと初期衝動が入り交じったなんともパワフルな演奏にニンマリの1曲。完成しすぎない程度が実はいちばん想いって伝わるのかもしれない。栄次郎ならではの作風やリックがところどころで飛び出す期待の楽曲が完成間近!
■曲についてのコメント
バンドで初RECということで、分かりにくいようでとてもストレートな曲にしました。歌も今までで一番上手く表現出来たような気がしています。深夜にオケ、早朝に歌、なんとも若さを振り絞って頑張りました。よろしくお願いします。ところどころ変拍子ですが、気にせず聴いて慣れて頂ければ嬉しいです。
hanamaru.jpg
花まる「ギター少年」
http://youtu.be/f6_uVKo2Ar0

■ 曲についてのコメント
ギター小僧なら誰でも思い当たるスーパースターへの夢…。やがて大人になり青春時代を思い出す…。

 プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの方よろしく! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。