PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon11.gif

2012年1月1日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介

 音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 11」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2012年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 11」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

 今回のMoveOnブログは2012年1月1日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介します。
fortune.jpg
fortune tune「トロイメライ」
http://www.welcomeback.jp/bestplay/
amateureday/201110/toroimerai.mp3

 打ち込みと生バンドサウンドを同期させ、独自のポップス道を追求するfortune tune。10月23日に行われた大塚ウェルカムバックでのライブ音源をエントリー。“夢見心地”の意を持つタイトル通り、幽玄かつミステリアスなスローナンバーが到着。音数を極力排したことによる余韻と行間はカスミ(vo)のシルキーな歌声を際立たせ、浮遊感溢れるギターサウンドも出色。所謂J-POPではなく、純正なポップスとは何たるかを教えてくれる。
redbeans.jpg
ペペルモコ「Red Beans」
http://youtu.be/MepWjCsuSlc

■ 曲についてのコメント
 応募曲「ペペルモコ」は、飲んで歌えるライブレストランPEPEL MOCOをテーマにしたオリジナル曲です。店はいつも音楽好きの老若男女や家族連れで賑わいます。合間を見てオーナーご夫妻・スタッフが素晴しいラテン・サウンドを聞かせてくれたりします。私達のライブ活動の拠点PEPEL MOCOでのライブ録画、是非ともノリノリで聴いて下さいねっ♪

 プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの方よろしく! いよいよ2012年3月2日発売Player4月号にて「Move On 11」CHAMPを発表。引き続き応募をお待ちしております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。