PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon11.gif

2012年2月5日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介

 音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 11」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2012年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 11」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

 今回のMoveOnブログは2012年2月5日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介します。
spacherry.jpg
SPARKLING☆CHERRY「自転車」
http://www.myspace.com/sparklingcherry524

 都内で精力的なライブ活動を展開中のSPARKLING☆CHERRY、略してスパチェリ。何よりこのCHERRY嬢が抜群のソウルフルなヴォーカリゼーションを誇るわけだが、この手のヴォーカリストにありがちな過剰な押し付けがましさがなく、透明感にあふれ柔らかな歌い口が本当に印象的だ。そしてこの声をバックアップするのは、クロスオーヴァー/AORエッセンスがたっぷりの、敏腕ミュージシャン達。「自転車」は練られた鍵盤楽器とモータウンを彷彿させるようなストリングシンセの重ね方、グルーヴィなギターカッティングが印象的。詞先なのかな?と思うほどに言葉の世界観とアレンジとが噛み合っていて、イントロなど随所で楽器として登場する自転車のベル音も洒落ている。特筆すべきはメロディラインで、Aメロなどは器楽的とも思える旋律なのだが、サビで一気にキャッチーで大きなメロディに広がっていきどんどん引き込まれる。効果的な転調と繊細なヴォイシングを擁したアレンジも見事だし、さらなる味付けとして加味されたCHERRYのファルセットコーラスがまた美味。ポップな楽曲で気にせず聴き進んでしまうが、実は構成が非常に変わっていて、序盤“ペダルを漕ごう”のフック、サビ以後の何処までも展開していくようなサイクリングのスピード感がツボ。昨年11月リリースのニューアルバム『ippo』はこの「自転車」を筆頭に洗練されたポップナンバーが目白押しなのでオススメしたい。
sorairo.jpg
ソライロシマウマ「ストラテジー」
http://jp.myspace.com/sorairosimauma

 名古屋の女性バンド“ソライロシマウマ”は要チェック! 10年代シーンに台頭する大器ではないか。1st『浮かぶ』にも収録の「ストラテジー」はゆこ(key)のオルガンリフが印象的な爽快感あふれる楽曲で、すしこ(b)&ずん(ds)のリズム隊のアプローチ、コーラスワークも凄く面白い。暴れるテレキャスターを手に唯一無二の伸びやかな歌声を聴かせるせにゃ嬢(vo&g)はとにかく気になる存在…個人的にねごと「ループ」以来の大ショック! 春からライブ活動も再開するのでより注目度が高まっていくかと思われる。
zukan.jpg
図鑑「手のなる方へ」
http://fanic.jp/zukan

 昨年12月にネット上に活動場所を絞るかたちで始動したプロジェクト、図鑑。平山寛太郎のソロユニットだが、閉塞感や箱庭感は皆無で、外に向けられた明朗な歌い口とキャッチーでありながらロック的側面も擁したメロディが特徴。「手のなる方へ」は1st MP3だけあって、それらの要素が顕著に現れた1曲。自己に対する疑問や葛藤を歌いながらも、最終的に光へ向かっていく様が印象的。今夏リリース予定のアルバムにも期待だ!
flicks.jpg
The FLICKS「Give me back my sanity」
http://www.myspace.com/flicksjapan

 京都を拠点に活動するThe FLICKSが久々のエントリー。しかし、以前とまったく異なるのはバンド編成としてのエントリーということだ。例えば「I DON’T WANNA THANK YOU ABOUT ANYTHING」のように、ギター以外のバックトラックは緻密な打ち込みで作っていたり、あるいはオルタナティヴ/ニューウェーヴな曲調自体にTsuyoshi Nagano(vo,g)のバンド志向は窺えたが、遂に“念願叶って”と言ったところだろうか。その布陣はいずれ劣らぬ実力を備えたメンバー。Masatoshi Nakajima(ds)、Mari Yoshida(b)、Ryuichi Okada(g)、更にサポートとして、EP-4のYung Tsubotajの6人編成。ともすれば個性派揃いゆえに破綻も起こしかねないが、エントリー曲「Give me back my sanity」を聴けば各々の色がしっかりと融和を果していることに驚くはず。乗っけから心を奪うのはOkanoの雄弁なギター。YungのパーカッションもThe FLICKSのストレンジ性を増長させる要素としていることがイントロの時点で確認できる。展開と呼応してフリーキーに激しさを増していくアンサンブルや各プレイの“予定不調和”こそがバンドの醍醐味だと改めて教えてくれる。マイスペでは新たにヴァイオリン奏者を募集しているなど、今後の展開も楽しみでならない。
iseeyou.jpg
I See You「五月病」
http://www.audioleaf.com/iseeyou/

 大阪を中心に活動する若手3ピース・バンドが、I See You。彼らの1stデモ『Lekin』から届けられた「五月病」は今後彼らの代表曲となりそうな予感を感じさせる。恐らくは90年代中期〜後期のUSインディやUKロックの孫世代に位置する年頃だろうが、それらに覚える焦燥感や鬱屈感は多分に覗かせる。クリーン〜クランチ・トーンを主体としながら、“このままではいけない”と叫ぶ様は音像以上い心揺さぶる歌として鼓膜に突き刺さる。
stardust.jpg
ex-STARDUST「出逢った頃ならば」
http://jp.myspace.com/music/player?sid=84242565&ac=now

■曲についてのコメント
 夫婦喧嘩がなんとなく続いていたある日、そんな愚痴をこぼしていたら大御姉様達から「奥さんのありがたさが解っていない!これじゃ熟年離婚だね!」と一刀両断にされ、改めて出逢った頃を振り返りながら、バラードに使おうと以前より暖めていたサビをベースに、反省と妻への想いを込めて作った曲。
gypsy.jpg
Gypsy Candle「ブラブラ・BURAAAAAAA!!!! / クレイジー・ノイズ」
http://www.myspace.com/1004953665

■ 曲についてのコメント
 ナマイキR&Rバンド、Gypsy Candleの2ndシングル「ブラブラ・BURAAAAAAA!!!! / クレイジー・ノイズ」。よろしくお願いします。
thebam.jpg
THE BAM「盆暗」
http://www.youtube.com/watch?v=eRU6D15i6aU&feature=related

■曲についてのコメント
 大阪府と奈良県をまたがる二上山の中腹の景色の中でインスパイアされました。

 プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの方よろしく! いよいよ2012年3月2日発売Player4月号にて「Move On 11」CHAMPを発表。引き続き「Move On 12」での応募もお待ちしております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。